総武カントリークラブ/ゴルフ会員権の相場・購入・売却は日本橋シントクゴルフ

ゴルフ会員権 ゴルフ会員権のAAA GOLF WEB ゴルフ会員権の日本橋シントクゴルフ
ゴルフ会員権のお取引は信頼と実績そして安心の関東ゴルフ会員権取引業協同組合加盟会社へ
【  安 心 と 信 頼 の 証  】
ゴルフ会員権相場動向会員権ニュースお取引ガイド会社概要 ゴルフ会員権のお問い合わせ

戻る

 ● 県別ゴルフ会員権相場  ● ゴルフ場検索(キーワード検索)


千葉県ゴルフ会員権 コースのご案内

総武カントリークラブ

総武カントリークラブのコース情報

総武コース 所在地 〒270-1611 千葉県印西市草深302
電話 0476-46-7111 FAX 0476-46-2027
休日 毎週月曜日、12/31-1/1
印旛コース 所在地 〒270-1611 千葉県印西市造谷495
電話 0476-99-1151 FAX 0476-99-0183
休日 毎週月曜日、12/31-1/1

ゴルフ会員権相場情報

売り(万円)会員権種類買い(万円)
280正会員230
-平日会員140
お見積り
ご購入ご売却
ご購入 総武カントリークラブのゴルフ会員権を購入したい方は、こちらへお問合わせ下さい。 総武カントリークラブの正会員権ご購入見積り 総武カントリークラブの平日会員権ご購入見積り
ご売却 総武カントリークラブのゴルフ会員権を売却したい方は、こちらへお問合わせ下さい。 総武カントリークラブの正会員権ご売却見積り 総武カントリークラブの平日会員権ご売却見積り

総武カントリークラブ 概要

経営会社 PGMプロパティーズ株式会社 
加盟団体 JGA KGA 
コース状況 総武コース
 27H P108 10441Y(9547m) コースレート73.0
 練習場 230Y 25打席

印旛コース
 18H P72 6733Y(6157m) コースレート 71.2
 練習場 アプローチ、バンカー

北コース
 9H P35 2999Y 
開場 総武コース 昭和39年5月24日
印旛コース 昭和43年7月15日
北コース 昭和62年12月1日 
設計 富澤 誠造 (監修:総武コース:富澤 誠造、印旛コース:ジャック・タトヒル) 
交通案内 自動車 都心から約56km 約40分
 東関東自動車道・四街道ICから16km

電車 京成線/東葉高速線・東葉勝田台駅からクラブバス
   北総線・千葉ニュータウン駅からクラブバス 

総武カントリークラブ ゴルフ会員権情報

会員数 正会員3150名 平日会員560名 
年会費 期間1月-12月 正会員60,000円 平日会員40,000円 
書換料 正会員80万円 平日会員40万円 
名変預託金  
入会条件 ・女性入会:可
・外国籍入会:可
・20歳以上
・推薦保証人 正会員1名(在籍2年以上、実印捺印) 
法人 法人⇔個人 
備考  

入会(購入)手続情報

必要書類 ・顔写真1枚(縦3cm×横2.4cm)
・印鑑証明書(6ヶ月以内 法人は法人のものと登録者のものを両方提出)
・商業登記簿謄本(6ヶ月以内 法人の場合のみ)


*親族間譲渡における名義書換料割引には続柄を証する戸籍謄本等が必要 
手続 1.書類一式を会員課へ提出(書留郵送可)
2.会員課に連絡して面談日を予約
3.入会資格審査を実施(総武コースにて面談)
4.審査結果を譲受人へ郵送(承認の場合は名義書換料請求書を同封)
5.名義書換料を入金
6.入金確認後に会員登録(会員としてプレー可) 
理事会 入会審査は随時受付 

退会(売却)手続情報

必要書類 ・会員権証書(旧証書は無効)
・印鑑証明書(6ヶ月以内 法人は法人のもののみ)
・商業登記簿謄本(6ヶ月以内 法人の場合のみ)
・メンバーカード、バッグタグの返却


*譲渡人が法人で所在地変更がある場合は新旧の繋がりがとれる商業登記簿謄本等を添付
*相続の場合は『相続における同意書』もしくは遺産分割協議書(相続人全員の署名実印捺印があるもの)・被相続人の除籍謄本及び被相続人と相続人全員の関係が記載されている戸籍謄本(改製原戸籍等)・相続人全員の印鑑証明書等が必要 

総武カントリークラブ 紹介

総武カントリークラブは、総武都市グループが昭和39年に開場、平成19年に総武都市開発株式会社が民事再生法申請、平成20年にPGMグループとなりました。

総武カントリークラブは、総武コース(27ホール)・印旛コース(18ホール)・北コース(9ホール)の隣接する3コースが利用可能です。
総武コースは、ゆるやかな丘陵地に豊かな松林を切り開いて造られた距離もたっぷりある雄大なチャンピオンコースです。
印旛コースは、ドッグレッグや巧妙に配置されたバンカーや池、絞られたコースなど正確なショットが必要な戦略性の高いコースです。
北コースは、手引きカートでのプレー、メンバーは回り放題なのでたっぷり・じっくり練習するのにピッタリです。

総武カントリークラブ総武コースでは、過去に日本オープン、関東オープン、日本プロ、日米対抗ゴルフ、サントリーオープン、最近はHEIWA・PGMチャンピオンシップを開催するトーナメントコースです。

都心からのアクセスも良く、54ホールあり使い勝手も良く、ゴルフをたくさん楽しみたい方に総武カントリークラブはおすすめのゴルフ場です。 

総武カントリークラブ 関連ニュース

■ 2019.1.31

『アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ』


2019日本男子ツアー(JGTO)

5月9日~12日 アジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフ(総武カントリークラブ 総武コース)



■ 2012.5

『2013年日本プロゴルフ選手権 総武CCで開催決定!』


「2013年日本プロゴルフ選手権」がPGMグループコースの総武C・総武コースで開催されることが発表されました。



■ 2011.9

『千葉県総武CC平成24年度より年会費改定』


千葉県総武カントリークラブは平成24年1月より年会費を改訂いたします。

正会員31,500→63,000円 平日会員21,000→42,000円

総武総合平日会員27,300→54,600円 SGM会員21,000→42,000円



■ 2008.3

『総武都市開発 PGMスポンサーで再生!』


総武都市開発(株)の「再生計画認可決定」を不服として会員側が申し立てていた即時抗告を,東京高裁が3月28日に,これを棄却する決定を下した。総武都市開発は,総武CC(千葉県印西市)とスプリングフィルズGC(茨城県筑西市)軽井沢森泉GC(長野県北佐久郡御代田町)を経営していたが,07年4月3日,東京地裁へ民事再生手続開始を申請した。うち,軽井沢森泉GCについては,リゾートトラスト(株)をスポンサーとし,総武CC・スプリングフィルズGCについては,PGMグループをスポンサーとする再建を目指していた。
軽井沢森泉GCは当初の予定通り,リゾートトラスト(株)をスポンサーとする再生計画案が可決し,4月からは名称を「グランディ軽井沢ゴルフクラブ」と変更する。総武CC・スプリングフィルズGCは,8/22に開催された債権者集会にてパシフィックゴルフ(PG)グループをスポンサーとする再生計画案を僅差ながら可決したが,一部会員によって結成された「総武・スプリングフィルズ・G週日会員を守る会」がこれを不服として,昨年9月14日に同高裁に即時抗告を申し立てていた。今回の地裁の棄却によって,同会側が申し立てていたた更生手続も棄却となり,PGMグループ主導の再生計画で,両クラブの再建が進められることがほぼ確実になった。



■ 2007.9

『総武CC守る会即時抗告』


総武・スプリングフィルズ・G週日会員を守る会の会員らが,総武都市開発(株)の再生計画認可決定を不服として,9月14日に東京地裁へ即時抗告を申し立てたことがわかった。総武都市開発(株)の民事再生案は,8月22に開催された債権者集会の席上,僅差で可決され8月23日に東京地裁より認可決定を受けている。その後,同会のホームページにも「~お礼~」との題で,結果を見守るとの内容の書き込みがあり,実質,民事再生の方向での決定かと思われた。申立書では,「平成19年8月23日になした再生計画認可決定は全部不服であるから即時抗告をなす」としているが,詳しい理由などについては現在不明



■ 2007.8

『総武都市開発㈱民事再生法計画案可決』


総武カントリークラブ(千葉県印西市)・スプリングフィルズゴルフクラブ(茨城県筑西市)経営会社で現在民事再生手続中の総武都市開発(株)の債権者集会が8/22に開催された。この席にて賛成過半数で民事再生案が可決された。同社については,一部会員から会社更生手続の申立てもなされていたが,先行する民事再生案の承認が優先され,同案は同日東京地裁より認可決定を受けた模様。これによって両クラブはパシフィックゴルフ(PG)グループをスポンサーとする再建の道を歩むことが決定した。



■ 2007.7

『総武CC,スプリングフィルズGC再生計画案配布』


総武カントリークラブ(千葉県印西市)・スプリングフィルズゴルフクラブ(茨城県筑西市)の経営会社で4月3日に東京地裁へ民事再生手続開始の申立てを行った総武都市開発(株)は債権者に再生計画案を配布した。確定した債権総額301億,債権者総数5157名とされる。



■ 2007.4

『総武都市開発㈱と㈱軽井沢森泉GCが民事再生法申請』


総武カントリークラブ(計54ホール,千葉県)とスプリングフィルズゴルフクラブ(18ホール,茨城県)を経営する総武都市開発㈱(東京都江東区木場1の4の12,登記面=東京都千代田区,小宮山義孝社長,資本金1億円)と,軽井沢森泉ゴルフクラブ(18ホール,長野県)を経営する㈱軽井沢森泉ゴルフクラブ(同,武藤啓二代表取締役,資本金1000万円)は4月3日,東京地裁に民事再生法の適用を申し立てた。申請代理人は船橋茂紀弁護士(ノイエスト総合法律事務所,℡03・5219・5634)で,監督委員には腰塚和男弁護士が選任された。両社の発表によると,「総武CCのバブル期に募集した高額預託金(当時1口4300万円)について2度目の償還期限が今年3月に到来したが,返還請求が多発化して対処困難になったことが直接的な原因」としている。総武都市開発㈱はローンスター系列のPG(PGGIH)グループを,また㈱軽井沢森泉GCはリゾートトラスト㈱をスポンサーに迎えて再建するとしている。ちなみに,負債は総武都市開発㈱が会員5154口(総武CC,スプリングフィルズGC,総武グループ週日会員,新総武グループ週日会員含む)の預託金約300億円を含め約386億円,㈱軽井沢森泉GCが会員342口の預託金約35億円を含め153億円。

総武カントリークラブ 近隣のおすすめゴルフ場

鎌ヶ谷カントリークラブ, 中山カントリークラブ, 船橋カントリー倶楽部, 千葉カントリークラブ, 藤ヶ谷カントリークラブ, 鷹之台カンツリー倶楽部, 我孫子ゴルフ倶楽部


総武カントリークラブのゴルフ会員権の購入・売却をご検討の際には、まずご相談下さい。

総武カントリークラブのゴルフ会員権を購入したい方は、こちらへお問合わせ下さい。 総武カントリークラブのゴルフ会員権を売却したい方は、こちらへお問合わせ下さい。

総武カントリークラブ/ゴルフ会員権の相場・購入・売却は日本橋シントクゴルフ
ゴルフ会員権の日本橋シントクゴルフ ゴルフ会員権のお問い合わせ

Copyright © 2003-2019 日本橋シントクゴルフ Sintoku Golf Ltd. All rights Reserved.